ジンセイカタミチ

産後ママの悩み、大分のこと、タメになったことをシェアします

おならのにおいの原因

寝坊しました。昨日は1日中眠かった。

春になるとこういったことが多い。

目も少しかゆい。

一昨日食べたジャンクフード(大量に食べたフライドポテト)が原因だと思われる。

軽度の頭痛やお腹の張りが続いた。おならもよく出る。出すぎる。

仕事中ずっとおならを我慢するはめになった。

力を抜くと校門の出口ぎりぎりのところまでガスが押し寄せてくる。

ふいに出てしまいそうになる。

今回は音も出るうえににおいも強烈だ。

なんとしても阻止しなくてはならない。

 

偶然にもおならについて書かれているエッセイを読んだ。

記事によるとおならの成分の大部分は窒素と酸素が大部分らしい。

食べ物と一緒に入ってきた空気に腸で新たに生じた気体が加わる。

メタンガスだ。

腸内細菌はイモやゴボウなどに含まれる食物繊維をエサにする。

そのため食物繊維を分解する時にメタンガスや二酸化酸素が生じるらしい。

サツマイモを食べるとおならが出やすいことや食物繊維が腸を活発にすることはご存じの方も多いことだろう。

僕も知っていた。

今回の記事を読んだ新たな発見はメタンガスにはにおいはないということだった。

ということはフライドポテトをたくさん食べたからと言ってガスはよく出ても「くさいおならになる」は言いがかりだったのである。

ごめんフライドポテト。

においの原因になるものは食べ物の中に含まれる硫黄分である。

これをもとに腸内の細菌によって作られるインドールスカトール硫化水素が強いにおいのもとになるのである。

ちなみにたんぱく質の多い肉類やニラ、にんにくなどに多く含まれる。

 

そういえばニラ、にんにく、肉を含む餃子をたくさん食べていた。

おまけにおやつ代わりにゆで卵を食べる回数が増えていた。

 

鬼嫁や娘たちはぜんぜんおならなんかでないと言っている。

本当だろうか。トイレでこっそりと放屁しているのではないだろうか。

反応は人それぞれ、個人差があるらしい。

 

ぼくのカラダはわりと素直に反応するようだ。

このさい、毎朝の日記ついでに食べたものもチェックしてみようと思う。